訓練用教材

Voice training

音声訓練/発声訓練

ウエイトノイズ法

東北大学の高橋信雄先生が提案されたローンバルーン効果を利用した音声訓練であるマスキング法を改良したウエイトノイズ法に使われているホワイトノイズの音源をダウンロード出来る様にしました。
経緯:プッシング法や硬起声発声、努力性発声の要求が運動機能障害や高次脳機能障害、精神機能や意欲低下、易疲労性によって臨床的に困難な問題を解決する為に考えられた訓練方法。
対象:脳血管後の声量低下、気息性、無力性嗄声を呈する音声障害。パーキンソン病やALS(筋萎縮性側索硬化症:一時的も音声機能改善あり)。
方法:ヘッドホンレシーバーを着用しノイズを負荷した状態で音読や発声を行う。

参考文献:高橋信雄「博士論文 脳血管障害例に対する新しい音声訓練法 -ウエイトノイズ法の提案-」,平成27年度

Webサイト運営の為、チャンネル登録して頂けると幸いです。